2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 暑さも一段落♪ | トップページ | シャンプーしたては・・・ »

2007年8月20日 (月)

アナログレコードのデジタル化♪

Cimg0020_3 昨年一度紹介したアナログのデジタル化

久々に時間ができたのでまたやってみた。

今回は机の上をちゃんと片付けて、まじめ

に取り組んでみましたョ! (笑)

必要機器は以前紹介したEDIROLのUA-4FXとアナログプレーヤー。

こちらは新顔でコスモテクノ製のDJ-3000Ⅱというモデル。

フォノイコライザーを内蔵し、MMカートリッジも付いてお買い得。

極めてオーソドックスなデザインのセミオートプレーヤーで、

かもし出す雰囲気に懐かしさもひとしおです。

本当は「Technicsのプレーヤーが欲しいぞ!」と言いたいが、

予算の関係上ぐっと我慢してこちらに落ち着きました。

(ふーっ!)

でも、なかなかいい雰囲気ですよ!約10kgと重量感もタップリ!

付属のピンケーブルがカスで使えませんでしたが、

それ以外にはこれといって不満はありません。

で、ヘッドフォンは黄色がカワイイAKGのK24Pです。

何だかアナログ機器とデジタル機器が一同に会してる感じが何とも

不思議ですな。

かつてはプレーヤー、アンプ、カセットデッキという組み合わせ

だったのにね。

Cimg0021_3

そして一番肝心の主役がこちら。

EDIROL(ROLAND)のUA-4FXさま。

アナログとデジタルを繋ぐ肝心要の機械。

とはいっても別に扱いは難しくなくて、ちょっと慣れれば問題なく

使えます。

配線もプレーヤーとピンケーブルで繋ぎ、USBでPCと繋ぐだけ。

USBのバスパワーで動作するのでACアダプタを繋ぐ煩わしさも

ありませぬ。

今回はLPを4枚ほど取り込んで終了しました。

---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

iTunesでCDからのリッピングに慣れていると、等倍速で録音

するのは結構疲れますね。

なので一度に録音するのは4枚位が限度でした。

取り込んだ後の編集と言うか、いろいろとしなければいけない

(ファイルの変換や曲の情報の書き込み等々)作業が大変

ですが、聴きたくてもLPしかなくて聴けなかった懐かしいアルバ

ムがいい感じで録れたのを聴くと「苦労した甲斐がある」

というものです。

今回何を録ったかは次の機会にお知らせしますね。

« 暑さも一段落♪ | トップページ | シャンプーしたては・・・ »

コメント

はじめてメールさせていただきますが、以下のことについて教えていただけますか。
ワープロのフロッピーディスクをデジタル化したい時はどうしたらよいのですか。教えてください。

>渡邉さま
ちょっと確認なんですが、ワープロ専用機のデータをPC用に変換したいって事でしょうか?もしそうであれば専用の変換ソフト(リッチテキスト・コンバータ等)を使うのが確実だと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131406/16175045

この記事へのトラックバック一覧です: アナログレコードのデジタル化♪:

« 暑さも一段落♪ | トップページ | シャンプーしたては・・・ »

フォト

-VISITOR-


-ACCESS-









-FAVORITE-

-RECOMMEND-