2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2009年12月15日 (火)

KEMPSHALL JACKET(2009)

Abercrombie & Fitchの日本進出記念に当ブログでも

検索ワードの多いKEMPSHALL JACKETの記事をアップ♪

Kempshall_0011以前にも購入したKEMPSHALL JACKETを

今年も購入してみた。

過去記事はこちら。

(すでに売り切れでカタログ落ちしてるので悪しからず!)

以前のモデルは裏がボアでかなりゴージャスな印象だったが、

今年のモデルは至って普通のダウンジャケットになった。

値段も$220-と高くなったのだが、どうしてだろ?

絶対に2007モデルのほうが高そうに見えるぞ!

2007モデルはマットな素材だったのだが、

今年は写真のように光沢のある素材に変更されている。

個人的には今回の方が好み♪

裏地もMA-1のようなオレンジのナイロン素材になり、

ゴージャス感はほとんど皆無に。

とはいえ作りや着心地は相変わらず良くて、思わずムフフです♪

カラーはこのNAVYとOLIVEの2色展開だったが、

OLIVEのSはすでに売り切れていたのでこのNAVYを購入。

かなり濃いめのNAVYなので、いい意味で予想を裏切られた感じ。

Kempshall_0012 例によって細部へのこだわりは健在で、

袖のロゴ刺繍はこんな感じね。

相変わらずいい仕事してますね。

しかし、コストダウンされた印象は否めないなぁ・・・。

Kempshall_0010 最後に全体の写真を1枚。

あまりいい写りではないが、参考に。

もう買えないんですけどね・・・。

2009年12月14日 (月)

アバクロのショッピングサイトがリニューアル!

Af_jp_2009銀座店のOPENを控えて、

ショッピングサイトも日本向けに

リニューアルされたようです。

価格もUSドル表示から円表示(消費税込み)に変更になってます。

驚いたのはその価格設定。

予想はしていたが、まさかの5割増し〜2倍!!

ジーパンは90ドルくらいの物が¥21,800〜

アウターは300ドルくらいの物が¥43,400〜

本国からの送料やTAXを加算しても全然高い!

Coldriver ←具体例としてこの長袖Tシャツの

”COLD RIVER”

本国サイトでの購入価格は$40。

(購入時のレートは1ドル89円台)

これが日本のサイトでは¥7,200-

じゃあ本国サイトから買えば?と思うが、残念ながら

日本のサイトにリダイレクトされてしまい不可!

残念・・・。

考えてしまいますね・・・。

2009年12月 2日 (水)

ついにアバクロが銀座にOPEN!

Abercrombie_ginzaかねてから噂のあったアバクロ

日本1号店がいよいよOPENです。

御覧のようにオフィシャルページでも

正式にアナウンスしているので、今回は間違いありませんね。

すでにショップの大きなポスターを見た方も多いと思います。

12月15日11:00のオープンは長い行列ができるのでしょう。

個人的にはAbercrombie & Fitchが街に溢れるのはちょっと

な感じですが、氾濫する偽物の駆逐に繋がるのなら

歓迎しないといけないのかもしれませんね。

はたしてどの位の価格帯で出してくるのか、

興味のあるところです。

価格競争の激しい日本でどこまで勝負出来るのか、楽しみです。

2007年11月26日 (月)

abercrombie ”adirondack jacket”(boys)

13515_02_l アバクロのジャケット”adirondack jacket”

今回は試しにboysのXLを買ってみた。

以前に購入した”Kempshall jacket”

”Harrison jacket”はMENSのSで、ゆったり着るタイプ。

個人的には丈の短いブルゾンをピッタリした感じに着たいので、

ものは試しでboysに挑戦してみた。

Cimg0390_3  結果はかなりピッタリでなかなか満足。

これならさらに重ね着で”Kempshall jacket”

なんかも余裕で着れちゃいます。

裏ボアなんだけど生地が薄めなので、肌寒い季節にはアウター

として、また厳寒期にはインナーとアウターの中間になる感じで

なかなかどうして使い勝手良しです。

Cimg0392_3 ぱっと見でMENSと違うのは左胸のムースの

刺繍。MENSには無いワンポイントです。

カラーはブラウンですが、濃い目のオリーブに

近いかな。

MENS同様にラベルは凝ったデザインで、基本的に共通みたいです。

お値段は$99.50-でMENSのほぼ半額!ちょっとビックリ。

これは真剣に検討する必要有りですよね。

勿論、これ1着だけで購入するのでは勿体無いので一緒にパーカー

も2着ほど購入しました。

13473_04_l まず最初はコレ。

以前にも購入した”santanoni peak”

イエロー。ミドルトーンのイエローと

グレーが凄く気に入ってしまいました。

お値段$59.50-とお手ごろだしね。

Cimg0396_3 アップで撮るとこんな感じ。

くすんだイエローがわかるかな?

程よいダメージ加工もいいし、

何より暖かいのがいい。ほんと重宝しますよ。

13428_05_l もう一枚がコチラ。

”marble mounten”のオレンジ。

お値段は$39.50-とお安くなってます。

素材は”santanoni peak”と同じ裏起毛のフリース素材です。

Cimg0393_3_2  ほんとコチラも暖かいです。

こちらはフルジップでなく被りです。

オレンジのくすみ加減も最高。

サイズはBOYSのXLです。

Cimg0394_3 タグはご覧のとおり。

間違いなくBOYSのXLですね。

アウターはMENSのSでOKですが、

やはり長袖の上はBOYSがサイズ的に良いみたい。

購入の参考にしてください。

2007年11月20日 (火)

abercrombie ”santanoni peak” Fleece

13473_01_l アバクロBOYSのフリースパーカーです。

昨年はMENSの物を購入しましたが

袖が長すぎて着れず、不良在庫状態に。

なので今年はBOYSの物にチャレンジしました。

Cimg0354_3 ご存知の方も多いかと思いますが、

KIDSの場合は”Abercrombie & Fitch”

ではなく”Abercrombie”になっています。

で、サイズの方はBOYSのXLで、ちょうど国内サイズのMくらい。

Cimg0356_3 私にちょうど良いサイズになっています。

MENS同様にしっかりした作りには

感心感心。 (`・∀・´)y-~~

しかもお値段がMENSの60%程度なのも◎だしね。

13473_03_l 今回購入したのは上のNAVYと

こちらのWHITEの2着。

このフリース・パーカーは5色展開で、

その中から悩んだあげくこの2枚に決定しました。

毎度の事ですが、バリエーションが多くて悩みます。(´・ω・`)=3

Cimg0357_3 裏起毛のフリースは肌触りもよく、その上

なかなか暖かでGOODです。

フードの内側も別素材でしっかりと作られて

います。

Cimg0358_3 ディテールはご覧のとおり。

MENSほどラベルは凝っていませんが、

それでも十分なクォリティですよね。

本当はMENSが良いのですが、いかんせん全て袖丈が長い。

実測でBOYSのXLより8cm以上長く、指先までスッポリと隠れて

しまいます。ルーズに着るにしても長すぎ!

皆さんもいろいろ試してみてはいかが? (´∀`)ノ

2007年11月14日 (水)

Harrison Jacketのディテール♪(その2)

Cimg0303_3 ご要望があったので”Harrison Jacket”

のディテール写真を追加アップします。

こちら、リクエストのポケット部分のアップ。

例によっていい感じのダメージ加工が施されています。

Cimg0304_3 そしてこちらはファスナーのアップ。

引き手はこの向きでなければNG!

とてもスムーズで使いやすいファスナー。

勿論、A&Fのロゴ入りですよ。

Cimg0307_3 こちら、背面のロゴパッチ。

ちょうど襟の後ろ部分にあります。

本体と同じ素材ですね。

さり気ない主張がGOODです。

Cimg0310_3_2 これは襟を合わせてファスナーと

ボタンを留めてみたところ。

襟の内側はジャージ加工で

肌触りもGOODです。

Cimg0311_3 もう一つおまけにラベルのアップ。

今期のアウター共通のデザイン。

コピー防止のために凝ったデザインに

しているそうです。

ブランドの苦労が伺える部分でもあるんですね。

以上、ご要望にお応えしてディテールの追加をアップしました。

購入のご参考になれば。

-追記-

☆写真だとグレーっぽく見えますが、実際はNAVYです。

濃紺という感じではなく、洗い晒した紺に染めた綿の色です。

裏地のボアもここまでグリーンではなく、濃い目のオリーブです。

参考までに、同じNAVY表記ですが、”Kempshall Jacket”の方が

より青いNAVYになります。

ただし、いずれもくすんだNAVYなので着こなしには便利だと

思いますよ。

ついでに言うと、Sサイズですが大きさは日本製のMとLの

中間くらい。

私は身長172cm体重61kgですが、ややゆったり目で着れます。

もう少し小柄な方はBOYSのXLも検討してみたください。

2007年11月12日 (月)

BUTTEROのブーツ♪

Cimg0294_3 BUTTEROのブーツB1113(B1101)です。

去年の冬、ファッション誌に掲載されて、

速攻でSOLD OUTになったITALYのブーツ。

狙っていた方も多いのでは?

この冬は欲しいなーと思い探していたらありました。

どうです、カッコイイでしょ? (`・∀・´)=3

ブラウンに見えますが、濃い目のベージュにオイルをタップリ

染み込ませたオイルスエードで、男らしいアピアランスです。

ラフすぎずさりとて上品過ぎない仕上げが最高!

ソールも革張りの上からラバー貼りという凝った作りかつ実用的な

仕様になってます。

皮底はカッコイイんだが街中では滑って使い難いのです。

Cimg0292_3 箱もこんな感じでとってもステキです。

何だか勿体無くて履けませんね・・・。(笑)

それでは本末転倒なので、しっかりと

履き込んでお気に入りの1足にしたいと思います。

狙っていたア・ナ・タ、まだギリギリで間に合いますよっ!!

因みに、他のカラーもあるので探してみてネ! (´∀`)b

余談ですが、シープスキン&レザーソールの上位モデルも

展開されているので、そちらも検討してみては? (・∀・)y-~~

2007年11月10日 (土)

一緒に買ったもの♪♪

それはClassic Logoのキャップ

Cimg0274_3 ←コレです。

これでキャップは2つ目。

以前のはグレーで今回はNAVY。

これまたこだわって良く作られています。

Cimg0275_3 細部にわたるダメージ加工は

ご覧のとおり。

何がいいって作りの良さと

素材とカラーの醸し出す風合いが最高です。

こちらのお値段$24.50は決して高くないと思いますよ。

【追記】

余談ですが、ショッピングサイトを見ていると偽物とはまた違った

???なモノが目に付きます。

それはちょっと信じられない値段が付けられた商品たち。

再三お知らせしているとおり、本国のサイトのWEBカタログに

商品の価格は明記されています。

それにその日のレートを掛ければ値段がわかりますよね。

さらに大体の送料(私の場合$50~$60くらい)を足して、

関税(約10%くらい)を足せば総額が出ます。

今回の”Harrison Jacket”を例にとると・・・

定価が$178でレートを1$=¥115とすると

178 × 115 = ¥20,470

送料を$50として

50 × 115 = ¥5,750

関税を¥2,000として計算すれば総額¥28,220-

当然、転売を目的に点数を多く購入すれば送料はもう少し

少なくなります。

まぁ、上記の金額に50%の利益分を上乗せして¥42,000-位。

恐らく安く付けても¥39,800-あたりが妥当な線でしょうね。

しかし、です。

世の中にはコレを遥かに下回る¥21,800-とか、或いは

定価¥87,000-を特価¥73,950-なんていうショップも

あったりします。(この価格はいったいどこから?)

皆さんはこれをどう思いますか?

100%怪しいとまでは言い切れないけど、かなーり怪しいですよね。

普通に考えればどちらも買うべき商品でない事がわかると思い

ます。

それでもこんな商品が実際に売れています。

何故か?

それはアバクロが日本国内に店舗を持たず、情報が極端に少ない

からに他なりません。

同じアメリカのカジュアルブランドでもGAPのように国内展開して

いれば何の問題もありません。

他の国内ブランド同様に返品や交換も容易ですし、時期になれば

SALEもします。

ところがアバクロはそれらすべての情報が入手し難い。

さらに「英語」という言語の壁が余計それを助長しているのも

事実です。

つまり入手した商品が本物かどうかを見極めるのは非常に困難

なのです。

安く手に入れようが、大枚叩いて手に入れようがそれが本物である

保障はどこにも無いのです。

もう一度言います。

アバクロに興味があるなら、一度WEB通販かアメリカに旅行した際

にでも正規店で購入してみてください。

本物を知らなければ、偽物はわかりません。

というかその事実を知ればリスクを犯してまでオークションや国内

のショップで買おうとは思わないはず。

何度も言いますが、偽物を買うのはもう止めましょう!

とりあえず海外旅行の予定が無い方は、WEBで通販しましょう!

PCでインターネットができて(あっ、ここを見てるんだからOK

ですね!)

クレジットカードを持っていて中学生レベルの英語がわかれば

簡単!

是非一度お試しを。 (´∀`)y-~~

Harrison Jacketのディテール♪

Cimg0270_3 本日は”Harrison Jacket”現物の写真。

全体のシルエットはWEBカタログを見て

いただくとして、ここではディテールを

少々ご紹介したいと思う。 (・∀・)y-~~

襟周りの雰囲気はこんな感じで、基本的にラベル等の

レイアウトやデザインは”Kempshall Jacket”と同様。

”Kempshall Jacket”はMADE IN CHINAでしたが、

”Harrison Jacket”はMADE IN INDIAになってます。

Cimg0271_3 こちらは内ポケットのアップ。

かなりしっかりと作られています。

生地の色合いや素材感が伝わりますか?

ホックの刻印もよくわかりますね。

アクリルボアの雰囲気もこんな感じ。

Cimg0272_3 で、こちらがフロントのボタン周り。

紐で下がっているのはタグです。

ボタンにも綺麗に刻印が刻まれています。

因みにファスナーにもA&Fの刻印がされています。

Cimg0284_3 これは商品タグのアップ。

本物はこうやって付けられていますよ!

ナイロンの紐がループになったりはありません。

しかし、ラベルで真偽を見分けるのは困難かもね。

以上、”Harrison Jacket”のご紹介でした。

追記

相変わらずオークションサイトでは山ほど偽物が出回ってますね。

しかも皆さんバシバシ入札しちゃってます・・・。

このサイトで何度かお伝えしていますが、以前にもまして

その数が増えていますね。

モラルの低さにちょっと首を傾げたくなります。

アバクロのサイトでも日本語でこんなアナウンスがされています。

どうか皆さんも偽物の購入を止めてブランドを守りましょう。

2007年11月 9日 (金)

Abercrombie & Fitch "Harrison Jacket"♪

15798_01_l 本日もアバクロネタで。

先日の”Kempshall Jacket”に続いて、

今回は”Harrison Jacket”を買って

しまいました。

その理由はこの時期着るにはまだ暑い!(笑)

で、探しました「もう少しライトデユーティーなのは無いか」と。

”Adirondack Jacket”と迷ったんだが、デザインがフライト

ジャケット風な”Harrison Jacket”に決定。

WEBカタログを見てもらうとわかるんだけど、この秋冬は

アウターのラインナップが充実しています。

デニムJKからボア付きコート&ブルゾン、ダウンJK&ベストに

A-2デザインのレザー等々、幅広く展開してきました。

私は長尺ものがあまり好きではないので、ブルゾン系をメインに

セレクトしてます。

この”Harrison Jacket”ですが、はフライトJKそのものというより、

フライトJKをタウン用にモディファイしたもので、かなり着心地良く

仕上がっています。

フライトJKとの主な違いは、素材がナイロンではなくコットンの

軽いダメージ加工で、フロントがジッパーと大きめボタンの

二重構造になってます。

カラーもネイビーとオリーブの2色。

今回は敢えてミリタリーテイストの薄いネイビーをセレクト

してみました。

一番のお気に入りポイントは、裏地がボアなところ。

テディベアみたいでカワイイところが◎。

お値段ズバリ$178です!

皆さんも一着いかがですか?

フォト

-VISITOR-


-ACCESS-









-FAVORITE-

-RECOMMEND-