2015年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2009年1月22日 (木)

悪魔の手鞠唄(DVD)

2009_01210003_3

1月5日にフジテレビで「悪魔の手鞠唄」が

放映された。

稲垣吾郎扮する金田一耕助が岡山の片田舎、

鬼首村で起こった怪事件を解決するおはなし。

原作はミステリの古典、横溝正史。

この話以外にも金田一耕助シリーズはいろいろなキャスティングで

撮られている。

そして人それぞれに金田一のはまり役があると思う。

石坂浩二、古谷一行、渥美清etc・・・。

私にとっての金田一耕助は石坂浩二以外にない。

吾郎ちゃんじゃ清潔すぎて全然イメージ湧かないし。

やはり「悪魔の手鞠唄」は市川崑監督がメガホンをとった

これにつきる。

岸恵子の美しさもさることながら、脇を固める俳優陣も超豪華!

北公次、若山富三郎、仁科明子、草笛光子、大滝秀治等々!

まぁ映画とドラマを比較しても始まらないが、こんな傑作があるのに

敢えてドラマ化した理由が?

おかげでもう一度映画が見たくなったのでDVDを購入してみた。

むぅ、やはり傑作は傑作で焼き直しはするべきでないね。

キャスト、映像、そして音楽。

「犬神家の一族」と並んで必見の作品。

横溝正史の原作に忠実な表現は見事の一言。

30年たっても色褪せない魅力は一見の価値あり。

怖さの演出と、思わずくすっとしてしまうやり取りは、

一流の俳優陣が真剣に演じるから醸し出されるもの。

まだ見たことのない方は是非一度ご覧あれ。

 

2008年9月11日 (木)

The World of GOLDEN EGGS(SEASON2)

Cimg0672_3引き続き”The World of GOLDEN EGGS”

はまっております。

こちらは”SEASON2”のエピソードを収めた

Vol.3とVol.4のDVDボックス(シール3枚つき)です。

収録されているエピソードは、

Episode 14:コーチの秘密特訓

Episode 15:ボディービル部

Episode 16:マネージャーの忘れ物

Episode 17:ポールにカミナリ

Episode 18:ロバート先生とドライブ

Episode 19:ベティーとレディースバンド

Episode 20:レンジャーのゲリラ撮影

Episode 21:オレの爺ちゃん

Episode 22:ゾンビ島

Episode 23:3匹のネコ

Episode 24:レベッカの宿題

Episode 25:コーチの義母

Episode 26:愛しのチアリーダー

いずれも爆笑エピソードだが、特にEp.21「オレの爺ちゃん」と

Ep.24「レベッカの宿題」は大爆笑間違いなし!

エピソードの他にも、DJマックスの「トレンドハンティング」や

ローズマリー兄弟の「Mori Mori Cooking」、トリ蔵の

「突撃!レコードホルダーズ」、GUSHIケンバンドでおなじみの

「ナターリアの部屋」、さらにはターキーレンジャーチップスの

CM等々、内容盛りだくさんでお送りしております。

2008年9月 4日 (木)

ローソンで”The World of GOLDEN EGGS”♪

Nec_0728_29/2~9/15の期間、ローソンで”The World of

GOLDEN EGGS × LAWSON”
キャンペーンを

実施中!期間中に対象商品を2個買うと、

オリジナルクリアファイルがもらえちゃう♪

数量限定だから近くのローソンに急げ!!

レンジャー!!Ranger

2008年8月25日 (月)

The World of GOLDEN EGGS(SEASON 1)

Cimg0666_3我が家の秘かなブーム、”The World of

GOLDEN EGGS”そのSEASON 1 DVD

Episode 1~Episode 13の他、”ターキーズヒル”

の作品がいろいろと楽しめちゃいます。

日産NOTEのCMでお馴染の”ローズマリー”は勿論、

”リサとレベッカの放課後”の二人や、”ナターリアの部屋”の

GUSHIケンバンド等々、愉快なキャラクター目白押しで最高!

肝はアフレコの二人とCGのキャラクターのマッチング!

見れば抱腹絶倒・大爆笑間違い無し!

動画サイトでも一部のエピソードが見られるので是非!

2008年1月27日 (日)

クレージーキャッツ メモリアル DVD-BOX

51ontzwax7l__aa240_ 最近、次々リリースされるクレージー

キャッツのDVD-BOX。

タイトルどおりクレージーキャッツの記録

映像の数々が収録された「クレージーキャッツ メモリアル

DVD-BOX」

残念ながら画質は厳しいものがありますが、TV文化の黎明期に

コメディという新しい文化を広めたクレージーキャッツの記録と

して貴重な映像が収録されている事は評価できます。

メンバーの元気な姿の他にも、青島幸雄やザ・ピーナツ、

小松政夫になべおさみ等々、はたまた若き日の布施明の姿まで。

さらにTVという文化の「進化」も見れて貴重な資料でもあります。

そして何といってもコメディアン集団としてのクレージーキャッツ

以外に、本格的ミュージシャンとしての姿もしっかりと納められて

いて、改めて彼らのマルチぶりに感動を覚えたりします。

そんな彼らも今では谷啓、犬塚弘、桜井センリの3人だけに。

クレージーキャッツファンは押さえておいて損は無い1枚です。

(´・∀・`)y-~~

2007年5月10日 (木)

クレージーキャッツ 無責任ボックスDVD

61p87kr5pdl__aa240_ というわけで、今回はクレージーキャッツの

「無責任BOX」。

先日の「日本一BOX」に引き続きクレージー

キャッツです。

もう楽しくて楽しくて、GWは外出もせずクレージーキャッツ

三昧でした。A^^;)

傑作の呼び声の高い「ニッポン無責任時代」と「ニッポン無責任

野郎」、そして「くたばれ無責任」を含むDVD4枚組みです。

先日の日本一BOXと今回の無責任BOXがあれば、とりあえず

満足なコレクションになりますね。

で、これらの作品もメチャクチャ楽しい!しかもとーっても強引

かつパワフルな展開に抱腹絶倒間違いなし!!

そして気付くのが当時の女優さんたちの美しいこと!

昭和の銀幕を彩った女優さんたちの姿も必見ですね。

他にも皆さんご存知の俳優・女優の皆さんが豪華に登場し、華を

添えています。

「日本一BOX」とあわせて一押し、ゴリ押し(!)の

「無責任BOX」でした。(笑)

文句無しの☆☆☆☆☆ですーっ!(^^)v

2007年5月 7日 (月)

クレージーキャッツ/日本一ボックス

61pq6wa6gvl__aa240_ 去る3月の末に植木等さんが亡くなりました。

一番好きなコメディアンであり俳優さんで

ありました。

その折に何気なくネットを検索していて見つけた

のがこちらの「クレージーキャッツ・日本一ボックスDVD」です。

確か数年前に探したときには、まだ彼らの作品はDVD化はされて

いなかったように思います。

こちらは昨年の夏にクレージーキャッツの50周年を記念して発売

されたようです。

当然、迷わずに購入しちゃいました。(笑)

何といっても大好きなシリーズ作品ですからね。

ご存知の方も多いと思いますが、これらの作品はちょうど私が生ま

れた1960年代初めから1970年代の初めに作られた作品です。

世はまさに高度成長の真っ只中。

そんな時代のサラリーマンの生き方を風刺しつつ、或いは元気付け

ながら活躍する主人公を、名優植木等とクレージーキャッツの面々

が勢い良く演じています。

もちろんリアルタイムに映画館で見た訳ではありませんが、幼少の

頃から、TVで作品が放映されるたびに夢中で見ていた記憶が

あります。その後もたまに民放等で放送されると嬉しくて何度でも

見ていました。理屈抜きで楽しい作品であり、尚且つとても元気を

与えてくれる作品群だと思います。

今時のお笑いも良いですが、この時代のお笑いのほうが好きだなぁ

と思ってしまうのは私だけでは無いはず。

「昭和」という時代に生まれた私の、カリスマ的な存在だった

植木等さんの活躍を見られないのは残念です。

ご冥福をお祈りします。

2006年4月 7日 (金)

相武紗季ちゃんドラマ主演♪

TBSの浦沢直樹コミック原作ドラマ「Happy!」相武沙季ちゃんが主役で登場です。
ミスドやOCN等のCMで活躍していますが、今回は久々のドラマです。
「がんばっていきまっしょい」での演技が光っていた紗季ちゃん、今回は主役!
原作のコミックも読んでいたので、ちょっと楽しみなドラマですね。(^^)

2億5千万円の借金返済のため、プロのテニスプレイヤーになることを決意したヒロイン、海野幸役に相武紗季。幸を脅かす借金取り、桜田純二役に宮迫博之、幸の恋の相手、鳳圭一郎役にはKAT-TUNの田口淳之介。そして、幸のライバル竜ヶ崎蝶子役を小林麻央が。

果たして原作とどちらが楽しいでしょう?

2006年3月23日 (木)

ブリット・スペシャルエディション

BULLITT 大好きなマックィーンの代表作の一つ「ブリット」
ずっと買おうか買うまいか迷った挙句、ついに購入しました。
理屈ぬきにカッコイイです!シブイです!
彼の控えめで、顔で表現する演技がたまりません。
さらに、他の出演者たちも渋いんです。
地味なんじゃなくてひたすら渋い!
どうしてもシスコの街中でのカーチェイスがクローズアップされがちですが、そのシーンにおいてもやはり車の動きだけではなく、追う側と追われる側の表情の描写が渋いんです。
お互いひたすらクールにマッスルマシーンを操り、坂の続くシスコの街中を走り抜ける。
追うマスタング、追われるチャージャー。
静かな闘志を燃やして追うマックィーン、クールな表情で淡々とチャージャーを操るプロフェッショナル然とした男。
それぞれの心理が絶妙なアングルで映し出され、見る者を惹きつけます。

是非、皆さんにもご覧頂きたいお勧めの1枚です。
(☆☆☆☆)(^^)v

2006年3月22日 (水)

アンフェアだったのは・・・。

CXのドラマ「アンフェア」の最終回。
今回はしっかりと見ましたよ!
休日の締め括りがドラマ鑑賞っていうのも何かね・・・。A^^;)
まさかまさかの結末に、「やられたっ!」といったところでしょうか。

記憶に無いんだけど、第一話で雪平刑事が犯人(ユタカ)を射殺するシーンに安藤は出ていたんだろうか?
全然覚えてないです・・・。A^^;)

やはりサスペンスはすべてのシーンをしっかり覚えておかないと、意外な結末にやられますね。(それが楽しいんですけど・・・。)

フォト

-VISITOR-


-ACCESS-









-FAVORITE-

-RECOMMEND-